MENU
>noteでも有益情報を配信中!

受験ガイド2024|大阪市教員採用試験の内容と対策のポイント

大阪市教員採用試験の試験内容

本記事では、大阪市教員採用試験の内容と対策のポイントを徹底解説します。

大阪市教員採用試験の一次・二次試験の概要から合格に向けた具体的な準備方法まで、網羅的に理解できる内容となっています。

敵を知らずして対策を始めてしまうのは、時間の無駄になりかねません。

本記事を参考に大阪市教員採用試験の合格に向けて着実に対策を始めましょう。

福永

主に一般選考を対象としています!

目次

大阪市教員採用試験の一次試験内容

大阪市教員採用試験の試験内容(一次試験)

大阪市教員採用試験の一次試験は、「教職教養・思考力判断力を測る科目」と「個人面接」の2科目が行われます。

それぞれの試験内容と対策のポイントを詳しく解説します。

教職教養

教職教養は、教職員として必要な基礎能力や専門性がどれくらい備わっているかを測る筆記試験です。

ここでは、教職教養の概要と出題範囲、対策方法をまとめています。

教職教養の概要

大阪市教員採用試験 教職教養の概要(2024年度)
試験時間90分
問題数30問(必答)
出題形式正誤問題、穴埋め問題
解答方法択一式(マークシート)
配点450点満点

教職教養は、問題数30問に対して、試験時間は90分あります。

一見、試験時間は長いように思うかもしれませんが、計算問題や文章問題が多いため、想像以上に試験時間が短く感じるかもしれません。

各問題にかける時間をしっかりと配分することが重要です。

教職教養の出題範囲

教職教養の出題範囲は、教職科目と思考力・判断力を測る科目がメインで、一般教養科目(人文・社会・自然科学)の出題はありません。

大阪市教員採用試験 教職教養の出題範囲



教育原理教育の基本的な理念や原則、教育の目的や目標、教育制度の基本構造についての知識を問う科目
教育法規教育に関する法律や規則、教育行政の仕組み、学校運営に関する法的知識を問う科目
教育心理学習者の心理的発達、学習理論、教育と心理の関係などの知識を問う科目
教育史教育の歴史的な発展、主要な教育思想家や教育運動、各時代の教育制度や教育政策の変遷などに関する知識を問う科目
思考力・判断力数的推理方程式や図形の計算など、思考力や計算力を測る科目
判断推理文章や条件から確実に言える肢を探し出す科目。クイズのような問題が多い。
資料解釈グラフや表を読み取り正しい肢を選ぶ科目。正確な計算力や処理能力が問われる。
文章理解300~400字の現代文や英文を読み、趣旨や内容に合致するものを選ぶ科目。読解力や速読力が求められる。
  • 各数字は科目ごとの出題数です。
  • 上記は僕自身の解釈であり、公式発表されたものではありません。
福永

平成30年度から従来の一般教養(人文・社会・自然科学)を廃止し、計算力や読解力を測る「思考力・判断力を問う科目」に変わっています。

出題範囲は広いので、過去問の分析を徹底し、必要な科目とそうでない科目を見極め効率よく勉強しましょう。

過去10年間の出題範囲を分析したデータを、こちらの「【2024年版】大阪市教員採用試験の教職教養攻略ガイドブック」で公開しています。

この記事では、教職教養の出題範囲を科目別・分野別にまとめているので、どこから勉強すればいいのか一目でわかりますよ!

教職教養対策のポイント

教職教養を効率よく勉強するには、次の2つを意識しましょう。

Point①:出題数の多い科目から勉強する

たとえば、科目ごとの出題数は以下のようになっています。

大阪市教員採用試験 教職・一般教養の科目別出題数一覧
採用年度202220232024
教育原理999
教育法規443
教育心理112
教育史111
判断推理344
数的推理532
資料解釈333
文章理解456

まずは、出題数が多く、理解に時間がかかる教育原理や数的推理、判断推理から勉強を始めることが重要です。

出題数の多い科目に集中することで、短期間で得点を伸ばすことができます。また、重要な科目で高得点を取ることで、全体の合格ラインを上げることができます。

主要科目(出題数の多い科目)にある程度の自信がついたら、次に他の科目の勉強を本格的に進めるのが効果的な方法です。

Point②:頻出度の高い分野から覚える

たとえば、教育心理の出題範囲は次のようになっています。

大阪市教員採用試験の出題範囲(教育心理)
大阪市教員採用試験の出題範囲(教育心理)
  • 各数字は分野ごとの出題数です。
  • 上記は僕自身の解釈であり、公式発表されたものではありません。

まずは、出題頻度の学習の理論から重点的に覚えるのが効果的です。出題頻度の低い分野の勉強に時間を割く必要はありません。

頻出度の高い分野をしっかりと抑えた後、その他の分野を補完的に学習することで、全体的な理解を深め、試験に万全の態勢で臨むことができます。

教職教養の勉強方法は、下記の記事も参考にしてください。

個人面接(一次)

大阪市教員採用試験の一次面接は、自己PRや志望動機から教職員としての適性や素質、人間性などを評価・判断する人物試験です。

自己PRや志望動機などの一般的な内容から、専門的な知識まで幅広く聞かれています。

個人面接(一次試験)の概要

大阪市教員採用試験 1次個人面接の概要(2024年度)
試験時間10分
面接官2人
評価基準①社会人として望ましい態度であるか。
②望ましい対人関係を築ける資質を備えているか。
配点450点満点
質問例・あなたの強みは何ですか。
・教員を志望する理由は何ですか。
・教師として必要とされる資質は何ですか。理由も言ってください。
・教師に活かせる経験はあるか。
・教員をするうえで不安に思っていることはありますか。
・教員を目指したきっかけは何ですか。
・教師が不祥事を起こすと大騒ぎになりますが、なぜだと思いますか

頻出の質問に対する回答をある程度準備した後は、予備校等を利用して面接練習を行い、姿勢や話し方などを最適化していきましょう。

1人で練習しているだけでは気付けない点がたくさんあるからです。

たとえば、自分では自然だと思っている話し方が他人には緊張しているように見えることがあります。また、手の動きが多すぎたり、声のトーンが一定で単調に聞こえたりすることも多いです。

こうした点を他人からフィードバックを受けることで、より効果的なコミュニケーションができるようになります。

面接は、見た目や態度、話し方といった非言語的な要素も評価の対象となります。

他人の視点からのフィードバックを積極的に取り入れて、全体的な印象を良くする努力をしましょう。

過去問や傾向は下記の記事も参考にしてみてください。

大阪市教員採用試験の二次試験内容

大阪市教員採用試験の試験内容(二次試験)

大阪市教員採用試験の二次試験は、「専門教科」、「個人面接(場面指導含む)」、「実技試験」の3科目が行われます。

それぞれの試験内容と対策のポイントを詳しく解説します。

専門教科

専門教科は、志望する校種・教科に関する専門的知識を測る筆記試験です。

ここでは、専門教科の概要と出題範囲、対策方法をまとめています。

専門教科の概要

2024年度大阪市教員採用試験 専門教科の概要
試験時間90分
問題数教科・科目による
出題形式択一式・記述式
配点240点満点(幼稚園、小学校)
200点満点(音楽、美術、保体、英語)
400点満点(その他)

専門教科の出題範囲

専門教科の出題範囲は、受験する教科や科目によって異なります。

たとえば、小学校なら国語、算数、社会、理科、外国語などが出題されます。理科の場合、物理、化学、生物、地学などが出題範囲です。

また、教科・科目に関する知識だけでなく、学習指導要領や指導方法・指導案に関する問題が出題されることがあります。

福永

各科目の基本的な知識を確実に身につけるとともに、学習指導要領についても把握しておくことが重要です。

専門教科の対策方法

専門教科は、受験者ごとに学力レベルや知識の差が大きく出やすいため、自分の学力に合った対策が必要不可欠です。

たとえば、数学教員を目指す人々の中には、高度な大学レベルの数学を自在に操ることができる人もいれば、基本的な中学校の算数の概念でつまずく人もいます。

全員が同じ教材で勉強しても、その教材が自分の学力レベルに合っていない場合、学習の効果は十分に得られません

まずは過去問を自力で解き、自分の実力を正確に把握することから始めてみてください。

過去問を解くことで、どの分野が得意でどの分野が苦手かが明確になります。この自己評価をもとに、次のような勉強計画を立ててみましょう。

  • 5割以下:基礎がないので中学受験レベルから勉強しなおす。基本的な概念や知識をしっかり固めることが大切です。
  • 7割以下:高校~大学受験レベルで力をつける。より高度な問題に挑戦し、理解を深めることを目指しましょう。
  • 7割以上:全国の過去問を解いて知識の定着や弱点克服。さらに実践的な問題に取り組むことで、試験本番に備えます。

専門教科では、基礎学力をしっかり固めることが大事です。

専門教科がしっかりしていれば、応用問題にも対応できるようになりますし、試験本番での安定したパフォーマンスにつながります。

福永

まずは基本を徹底し、そこから応用力を磨いていきましょう。

専門教科の勉強方法は、下記の記事も参考にしてください。

個人面接・場面指導(二次)

大阪市教員採用試験の個人面接・場面指導(二次)は、自己PRや志望動機から教職員としての適性や素質、人間性などを評価・判断する人物試験です。

試験では、一般的な質問に加え、教員としての資質や、教育関連の質問が出されます。

個人面接・場面指導(二次)の概要

大阪市教員採用試験 2次面接の概要(2024年度)
試験時間15分
面接官3人
評価基準①資質
②表現力
③社会性
配点450点満点
(中学校は420点満点)
質問例・他の教師と意見が合わなかったとき,どうしますか。

・信頼される教師になるためにはどうすればよいと思いますか。

・授業に集中できない子どもに対して,どのように対応しますか。

・児童生徒と関わる上で,大切だと思うことは何ですか。

・指導可能な部活動はありますか。

・子どもと関わる上で気を付けていることは何ですか。

・「宿題が多く、子どもの寝る時間が減っていて,学校に行きたくないと言っているのですが、宿題を減らしてもらえないでしょうか。」と保護者から電話がありました。実際に対応してみてください。

頻出の質問に対する回答をある程度準備した後は、予備校等を利用して面接練習を行い、姿勢や話し方などを最適化していきましょう。

1人で練習しているだけでは気付けない点がたくさんあるからです。

たとえば、自分では自然だと思っている話し方が他人には緊張しているように見えることがあります。また、手の動きが多すぎたり、声のトーンが一定で単調に聞こえたりすることも多いです。

こうした点を他人からフィードバックを受けることで、より効果的なコミュニケーションができるようになります。

面接は、見た目や態度、話し方といった非言語的な要素も評価の対象となります。

他人の視点からのフィードバックを積極的に取り入れて、全体的な印象を良くする努力をしましょう。

過去問や傾向は下記の記事も参考にしてみてください。

実技試験

大阪市教員採用試験の実技試験は、専門的技能や実践的能力があるかどうかを評価・判断する人物試験です。

ここでは、実技試験の概要やテーマ、対策方法を解説します。

実技試験の概要

中学校、高校のうち、以下の教科および幼稚園、小学校が対象です。

  • 音楽
  • 美術
  • 保健体育
  • 英語
  • 2025(令和7)年度に実施のある教科です。

実技試験のテーマ

大阪市教員採用試験 実技試験テーマ
幼稚園①無伴奏による歌唱 指定曲の中から1曲を選択
②ピアノ弾き歌い
*以下①~③の中から1曲、当日指定
1くだものれっしゃ(こわせ たまみ/高井 達雄)
2おもいでのアルバム(増子 とし/本多 鉄麿)
3しゃぼん玉(野口 雨情/中山 晋平)
小学校「音楽」、「体育」、「英語」のいずれか1つを選択

【音楽】
・無伴奏による歌唱
・指定曲の中から1曲を選択(器楽演奏:「ピアノ」、「リコーダー」、「管楽器」、「その他の楽器」より選択。 曲目は自由)

【体育】
・水泳(クロールと平泳ぎのいずれかを選択し25m 1本)

【英語】
・英語による自己紹介
・基本的な英会話
音楽実技試験課題(PDF)
美術実技試験課題(PDF)
保体実技試験課題(PDF)
英語・Listening
・Group discussion

実技試験の対策方法

何ができて、できていないのかを早めに把握するようにしましょう。そのうえで出来るように少しずつ技能を磨いていくことが最適解です。

また、自己評価だけでなく、指導者や同僚からフィードバックをもらうことで、自分では気づかない改善点を発見することができます。

なお、課題に沿って完璧にできることにくわえて、熱意や意欲、態度なども評価対象です。

福永

実際の試験では面接と同じように楽しくできるように練習してください。

大阪市教員採用試験に関するFAQ

大阪市教員採用試験の試験内容(FAQ)

大阪市教員採用試験に関するFAQ(受験者から頻繁に寄せられる質問とその回答)をまとめています。

試験概要

大阪市の求める教師像(人物像)は?

大阪市では、子どもが安心して成長できる安全な社会(学校園・家庭・地域)の実現や、心豊かに力強く生き抜き未来を切り拓くための学力・体力の向上、ICT を活用した教育の推進に貢献できる次のような教員を求めています。

情熱

教職に対する情熱、愛情、使命感を持ち、困難にも立ち向かえる人

教師としての基礎力

広く豊かな教養を基盤とした、専門性と指導力を備えた人

人間味

子どもに対する教育的愛情と、カウンセリングマインドを備えた人

大阪市教員採用試験の受験資格(年齢制限)は?

大阪市教員採用試験の受験資格には年齢制限が設けられており、昭和40年(1965年)4月2日以降に生まれた方が対象となります。

  • 2025年度採用(一般選考)の場合。

大阪市教員採用試験の採用人数は?

2025年度大阪市教員採用試験では、404人程度の採用を予定しています。

大阪市教員採用試験 採用予定人数
校種202520242023
幼稚園1510若干
小学校410420420
中学校230240240
養護教諭202020
栄養教諭15若干若干
合計690690680

大阪市教員採用試験の倍率は?

大阪市教員採用試験の倍率は、以下のように推移しています。

大阪市教員採用試験の実施状況
採用年度受験者数合格者数倍率
20242,1286863.1
20232,2267403.0
20222,5496553.9
20212,9628813.4
20202,6437743.4

教科別の倍率は、下記の記事を参考にしてください。

試験日程

大阪市教員採用試験の募集要項はいつ発表される?

例年、募集要項は3月中旬に発表されます。

2025(令和7)年度の募集要項は2024年3月15日(金)に公示されました。

募集要項には、試験内容や実施状況などの詳細な情報が掲載されていますので、必ず確認してください。

大阪市教員採用試験の試験日や合格発表日はいつ?

大阪市教員採用試験は6月〜8月にかけて実施されます。

大阪市教員採用試験の日程(2025年度)
出願期間2024年3月15日(金)〜4月22日(月)
一次試験1日目:2024年6月15日(土)
2日目:2024年7月6日(土)、7日(日)
二次試験1日目:2024年8月10日(土)
2日目:2024年8月3日(土)、12日(月)、17日(土)、18日(日)
3日目:2024年8月6日(火)~11日(日)
  • 合格発表日は6月27日と7月25日(一次試験)、9月27日(二次試験)を予定。

大阪市教員採用試験の日程は、下記の記事も参考にしてください。

試験対策

大阪市教員採用試験の過去問はどこで入手できる?

大阪市教員採用試験の過去問は、大阪市教育委員会のHPからダウンロードできます。

Web上で過去の問題と解答を入手できるため、出題内容や形式、問題レベルを把握するのに活用しましょう。

過去問を活用することで、試験対策が効果的に進められますよ。

大阪市教員採用試験の問題集や参考書でおすすめは?

大阪市教員採用試験の問題集や参考書でオススメなのは「大阪府の教員採用試験「過去問」シリーズ(協同出版)」です。

過去問・参考書があるので、傾向に沿った無駄のない勉強ができて効果的です。

おすすめの問題集・参考書は、下記の記事も参考にしてください。

大阪市教員採用試験の合格最低点は?

大阪市教員採用試験の合格最低点は、過去の受験者データから教職5割、専門5~6割がひとつの目安になります。

もちろん、校種や教科によって差はありますし、競争試験なので変動する点は注意が必要です。

詳しい点数等は、下記の記事を参考にしてください。

まとめ|大阪市教員採用試験は難しいのか?

大阪市教員採用試験の試験内容(難易度)

この記事では、大阪市教員採用試験の内容と対策のポイントについて、一次試験二次試験に分けて詳しく解説しました。

再度、試験内容をまとめます。

一次試験

教職教養個人面接

二次試験

専門教科個人面接実技試験

大阪市教員採用試験の難易度は、他の自治体と比較して決して高くはありません。しかし、最終合格するためには計画的な準備と十分な対策が不可欠です。

あなたの努力が実を結び、試験に合格することを心から応援しています。今すぐ行動を始め、夢に向かって一歩踏み出しましょう!

大阪市以外の試験内容は、下記の記事で詳しくまとめています。

コメント

コメントする

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleの プライバシーポリシー利用規約が適用されます。

目次