MENU
>noteでも有益情報を配信中!

【面接対策】宮崎県教員採用試験 個人面接の過去問と概要

宮崎県教員採用試験の面接

最終合格をより確実にするには、筆記試験だけでなく、面接試験の準備も早めに取り掛かることが重要です。

本記事では、宮崎県教員採用試験の個人面接対策に必要な過去問(質問例)を中心に、概要と対策方法を詳しく解説します。

早いうちに面接試験を理解し、攻略できるように準備を始めましょう。

目次

宮崎県教員採用試験 個人面接の過去問

宮崎県教員採用試験の面接(過去問)

宮崎県教員採用試験の面接試験では、「教員を目指した理由は何ですか?」みたいなベタな質問・・・・・から、『保護者が学校や教員に求めていることは何だと思いますか。』といった、教員採用試験ならではの質問・・・・・・・・・・・・・まで幅広く聞かれています。

ここでは、実際の面接試験で聞かれた過去問(質問例)を抜粋して紹介します。

質問例

  • 緊張していますか。
  • 今までに挫折した経験はありますか。
    →どうやって克服しましたか。
  • 併願状況を教えてください。
    →優先順位はどのようになっていますか。
  • 勤務地の希望はありますか。
    →僻地や山間部での勤務も可能ですか。
  • どのような教師になりたいですか。
    →その理想に近づくために努力していることはありますか。
  • 自立した子どもを育成するにはどうすればいいですか。
  • ICT教育についてどう思いますか。
    →ICTはどのくらい使いこなせますか。
    →ICT教育はどんなメリット・デメリットがあると思いますか。
  • 保護者が学校や教員に求めていることは何だと思いますか。
  • 「勉強する理由は何ですか」と子どもに聞かれたらどう対応しますか。

このほかの質問例や回答例は、こちらの「【2024年版】宮崎県教員採用試験 面接の過去問と回答例+α」でまとめています。

宮崎県教員採用試験 個人面接の概要

宮崎県教員採用試験の面接(概要)

個人面接は、自己PRや志望動機から教職員としての適性や素質、人間性などを評価・判断する人物試験です。

面接時間

宮崎県教員採用試験 個人面接の概要(2024年度)
試験時間20分
面接官4人

評価基準

  1. 教員としての適性、専門的知識・技能、授業構成力、指導方法・手立ての工夫等の実践的指導力等を総合的に評価。
  2. 教職教養を含め、教育者としての使命感や意欲、幅広い社会性や人間性等を総合的に評価します。

これらの観点をもとに、30点満点で評価されます。

宮崎県教員採用試験 受験願書の重要性

宮崎県教員採用試験の面接(受験願書)

受験願書とは、個人面接で使用される資料のことです。

氏名や学歴などの基本情報にくわえ、志望動機や自己PRなどを記入して提出します。

事前にしっかりと準備し、受験願書を基にした質問にも対応できるようにしておくことが大切です。

受験願書の提出期日

作成した受験願書は出願時に提出します。

提出期限に余裕を持って作成・提出しましょう。

受験願書の内容

宮崎県教員採用試験 受験願書(2025年度)
宮崎県教員採用試験 受験願書(2025年度)

受験願書は面接官があなたの背景や考え方を理解するための重要な資料ですので、正確かつ丁寧に記入しましょう。

特に志望動機や自己PRは具体的なエピソードを交えて書くことで、あなたの熱意や適性をアピールできます。

受験願書の書き方

受験願書の書き方は、こちらの「教員採用試験の面接シート(カード)とは?書き方やポイントを徹底解説」で詳しく解説しています。

面接官を惹きつけるポイントなどもまとめているので、ぜひ参考にしてください。

宮崎県教員採用試験 面接対策はいつから始める?

宮崎県教員採用試験の面接(対策)

教員採用試験の面接対策は、できるだけ早く始めることが重要です。

宮崎県教員採用試験の倍率が低下しているため、筆記試験よりも面接試験の重要度が増しています。

そのため、筆記試験の合格発表後に少し面接練習をしたくらいでは、高評価を得るのは難しいです。

せっかく筆記試験を突破しても、面接で失敗してしまうのは非常に悔しいですよね。そうならないためにも、早めに面接対策を始めましょう。

具体的な面接対策の方法については、以下の記事を参考にしてください。

宮崎県教員採用試験 面接まとめ

宮崎県教員採用試験の面接(対策まとめ)

宮崎県教員採用試験に合格するためには、面接試験の攻略が必要不可欠です。

対策といえば筆記試験に気を取られがちですが、面接試験の評価が悪いと最終合格は難しくなります。

面接対策の基本は「予想される質問を知り、ベストな回答を準備する」ことです。

そして、第三者にきちんと伝わるかどうか、話し方や表情、態度などを確認しながら練習を続けることが重要です。

まずは過去問を使いながら、自分なりの回答を考えてみましょう。

今回ご紹介したのはほんの一例ですが、ぜひ取り入れていただければ幸いです。

面接試験以外の内容や対策についてさらに詳しい情報が必要な場合は、こちらの『受験ガイド2024|宮崎県教員採用試験の内容と対策のポイント』を参考にしてください。

コメント

コメントする

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleの プライバシーポリシー利用規約が適用されます。

目次