MENU
>noteでも有益情報を配信中!

【茨城県教員採用試験】面接の過去問は?よく聞かれる質問と回答例

茨城県教員採用試験の面接

茨城県教員採用試験の内容は幅広く、筆記試験のほかに面接試験が第二次試験で実施されます。

本記事は、茨城県教員採用試験の面接試験の過去問(質問)をまとめています。

早いうちに面接試験を理解し、攻略できるように準備を始めましょう。

目次

【茨城県教員採用試験】面接試験の過去問は?

茨城県教員採用試験で過去に出題された質問を抜粋して紹介します。

茨城県教員採用試験の面接質問|自己申告書に基づく項目

  • 2分程度で自己アピールをしてください。
  • ICTを使ってどんな授業をしたいですか。
  • 大学生活で一番頑張ったことは何ですか。
  • 茨城県を志望した理由は何ですか。
  • 友人からどのような人物だと言われますか。
  • あなたのこれだけは他の教員に負けないと思う強みをいってください。
  • いじめの原因は何だと思いますか。
  • 今ままでの経験から伝えられることはありますか。
  • インクルーシブ教育とは何ですか。
  • 自己PRをしてください。
  • 自己申告書の4段階評価で、なぜ2なのですか、理由を教えてください。
  • 指導できる部活動はありますか。
  • 志望する教科の魅力は何ですか。
  • 志望する校種を選んだ理由は何ですか。
  • 「対人関係の力」の自己評価が4 ですが、理由を言ってください。
  • 「勉強しなくても社会に出られるよ。」と生徒から言われたらどうしますか。
  • あなたの経験から子どもたちに何を伝えたいですか。
  • アルバイトで大変だったことは何ですか。

茨城県教員採用試験の面接質問|場面指導に基づく項目

  • 毎週行われている小テストでクラスの平均点が低いことが問題になっています。朝のHRで小さな努力の積み重ねが大切であることを伝えてください。
  • 今日は,隣県の小学生とオンライン交流会を行い,活発に話し合いを行うことができました。このことを帰りの会で指導してください。
  • 先輩教員から「あなたが顧問をしている生徒がよく掃除をしてくれるから助かっている」と褒められることがありました。部活動前にその生徒に対して声掛けをしてください。
  • 最近クラスで,「頑張ったね」,「ありがとう」,「大丈夫」などの声掛けが増えてきました。このことについて子どもたちに話をしてください。
  • あなたのクラスの生徒について「職場体験の様子が素晴らしかったと」事業者の方から電話がありました。朝の会で話してください。
  • 小学校でもう一度マスクの使い方について指導してほしいと保護者からから依頼されました。学年集会で指導してください。
  • 体育祭で地域の方々から、「あなたのクラスの生徒は、演技や態度、服装がとても素晴らしかった」と褒められました。このことについて朝の会で話をしてください。

この他にも下記記事で過去の質問をまとめています。

【茨城県教員採用試験】面接試験でよく聞かれる質問と回答例

教員採用試験の面接では、自己PRや志望動機に関する質問が数多く問われています。その中でも、必ず聞かれると言っても過言ではない質問とその模範解答例を紹介します。

1.自己PRは何ですか?

質問の意図この質問は、あなたの長所や強みを理解し、教員としてどのように役立つかを知るためのものです。また、自己分析能力やコミュニケーション能力も評価されます。
模範解答例私は、常に生徒一人ひとりの個性を尊重し、成長を支援することを心掛けています。大学時代には、教育実習で多様な生徒と接する機会がありました。特に、学習に遅れがちだった生徒に対して、個別指導を行うことで理解度を向上させることができました。この経験から、生徒のニーズに応じた柔軟な対応ができることが私の強みです。
追加質問例・具体的な実習経験やエピソード
・成果を上げた具体的な方法や工夫
・自己PRの裏付けとなるエピソード

2.なぜ教員になろうと思ったのですか?

質問の意図この質問は、あなたの動機や教育に対する情熱を理解し、教職に対する本気度を確認するためのものです。
模範解答例私が教員を目指す理由は、子どもたちの成長を間近で見守り、彼らの未来をサポートしたいと強く感じたからです。小学生の頃、尊敬する先生に出会い、学ぶことの楽しさを教えていただきました。その経験が私の原点となり、教員として同じように子どもたちに影響を与えたいと思うようになりました。
追加質問例・尊敬する先生との具体的なエピソード
・教員以外の職業を考えたことがあるか
・教職への情熱を持ち続けるための方法

3.これまでの経験で、困難を乗り越えたエピソードを教えてください。

質問の意図困難な状況に対する対応力や、問題解決能力を評価するためのものです。また、粘り強さや忍耐力も見られます。
模範解答例大学時代、教育実習で生徒たちの学習意欲が低下しているクラスを担当しました。最初はどのように接するべきか悩みましたが、個々の生徒の興味や得意なことを見つけ、それに関連した授業内容を取り入れることで、次第に彼らの興味を引き出すことができました。この経験を通じて、生徒のモチベーションを高めるための柔軟な対応力を身につけました。
追加質問例・他の困難な状況への対応経験
・具体的な対応策や工夫
・経験から学んだ教訓や今後の活かし方

4.あなたの教育方針について教えてください。

質問の意図教育に対する考え方や、具体的な実践方法を理解するためのものです。また、教育理念や価値観も評価されます。
模範解答例私の教育方針は、『全ての生徒が自分らしく輝ける環境を提供すること』です。教育実習の際には、生徒一人ひとりの個性を尊重し、彼らの強みを伸ばすことを心掛けました。例えば、グループ活動では、リーダーシップを発揮する生徒やサポート役に徹する生徒など、それぞれの役割を見つけることで、全員が主体的に参加できるように工夫しました。
追加質問例・具体的な方針を実践したエピソード
・方針に基づいた具体的な教育方法
・生徒や保護者からの反応やフィードバック

5.あなたが教員として貢献できることは何ですか?

質問の意図あなたの特技やスキルが、学校や生徒にどのように役立つかを評価するためのものです。また、自己評価や自己理解も見られます。
模範解答例私は、ICTを活用した授業が得意です。大学で学んだICTの知識を活かし、教育実習でも積極的にタブレットやオンライン教材を取り入れた授業を行いました。これにより、生徒たちは興味を持って学習に取り組むようになり、特に苦手な科目でも理解が深まりました。これからも、ICTを活用して生徒の学びをサポートしたいと考えています。
追加質問例・具体的なICT活用の方法
・他の得意分野やスキル
・将来的に取り組みたい教育方法やプロジェクト

この他にもよくある質問と模範回答例を下記記事で解説しています。

【茨城県教員採用試験】面接試験に関するFAQ

茨城県教員採用試験|面接試験の時間は?

茨城県教員採用試験の面接試験は、1人25分程度の面接を行います(2024年度の場合)。

集団討論が廃止となり、より人物面を評価するという方針なのできちんと面接対策をすることが大事です。

茨城県教員採用試験|面接試験の面接官は何人?

茨城県教員採用試験の面接試験は、面接官3人で行われます。

3人の面接官にはそれぞれが質問してくるので、質問者の方向を見ながら回答しましょう。

茨城県教員採用試験|面接試験の流れは?

茨城県教員採用試験の面接は次のような流れで行われます(2024年度の場合)。

STEP
待機~移動

控室に集合後、自分の番になったら試験教室へ移動する。

STEP
入室~着席

面接官の合図が合ったらノックして入室、荷物を置いて着席します。

その後、氏名と受験番号を伝えたら面接が始まります。

STEP
2分PR

最初に2分間の自己アピールがあります。

事前に内容を考えておき、当日口頭で発表します。(メモを見ることはできません。)

STEP
口頭試問

主に自己申告書に関する質疑応答

STEP
場面・模擬指導

面接の中盤で、一人2分間の場面・模擬指導があります。

テーマが発表されるので、1分間で構想、2分間で実演。

STEP
口頭試問

主に場面・模擬指導に関する質疑応答

STEP
退室

終了後、荷物を持って退室(終了)

茨城県教員採用試験|自己申告書とは?

茨城県教員採用試験の自己申告書とは。面接で使用される資料のことです(面接カードともいう)。

自己申告書の内容は次のとおりです。

  1. 評価項目ごとに4段階で自己評価してください。
    • 教員としての使命感をもち、その役割と職務内容を理解している。
    • 人権を尊重しながら、児童生徒とかかわることができる。
    • 学校生活の決まりや勤務規制、法令順守などを意識して行動している。
    • 自らのストレスと身体の健康を自己管理することができる。
    • 言葉遣い、挨拶、礼儀、マナーなどの社会人としての常識を身につけている。
    • 相手に合わせた効果的なコミュニケーションをとることができる。
    • 自らの取り組みを振り返り、課題を見つけて改善しようとしている。
    • 自らの専門性の向上を図ろうと努力している
  2. ICT活用能力について問う内容
    • 授業に必要な資料、学級経営等に必要な文章や資料作成のために、ワープロソフト、表計算ソフト、プレゼンテーションソフトが活用できる。
    • 学習状況を把握するために児童生徒の作品・ワークシートなどをコンピュータなどを活用して記録・整理し、評価に活用できる。
    • 児童生徒がグループで話し合って考えをまとめたり協働してレポート等を作成したりするなどの学習の際に、コンピュータやソフトウェアなどを効果的に活用することができる。
    • プログラミング教育のねらいと内容を理解している。
    • コンピュータやインターネットを安全に利用できるように指導するために、情報セキュリティの基本的な知識を身につけている。
  3. 次の不完全な文章を読み、最初に浮かんだあなたの考えをそのまま書き足して、文章を作ってください。
    • 子どものころの私は(   )
    • 私は(   )だけはだれにも負けない
    • 家では(   )
    • 私が悩んでいることは(   )
    • 私はよく人から(   )
    • 今まで一番楽しかったのは(   )
    • 今まで一番努力したことは(   )
    • 私の夢は(   )
    • 学校は(   )
    • 教員は(   )

この自己申告書は、面接試験で使用される資料です。

実際の試験では、この自己申告書に基づいて過去の経歴や経験、志望動機や今後の抱負など幅広く聞かれているので、わかりやすくアピールできる内容を作成しなくてはいけません。

福永

一次試験の合格通知に同封されていて、二次試験日に提出します。

詳しい書き方やポイントは下記記事を参考にしてください。

茨城県教員採用試験|面接対策はいつから始める?

結論から言うと、面接練習を始める時期は早ければ早いほど良いと覚えておいてください。

茨城県教員採用試験の勉強を開始したタイミングから始めてもOKです。

というのも、茨城県教員採用試験の倍率が低下しているため、筆記試験よりも面接試験の重要度が増しているからです。

なので、筆記試験の合格発表後に、少し面接練習をしたくらいでは高評価をもらうことができません。

面接練習を早めに行っていけば、必ず面接の通過率は上がっていきます。

頑張って筆記試験を突破したのに、あと一歩で落ちるのは悔しいですよね。そんな思いをしないように準備をはじめましょう。

詳しい対策方法やポイントは下記記事を参考にしてください。

【茨城県教員採用試験】面接試験の対策を早めに始めよう!

茨城県教員採用試験に合格するには、面接試験の攻略が必要不可欠です。

対策となれば、筆記試験ばかりに気を取られがちですが、どれだけ筆記試験で点数を取れても、面接試験の評価が悪いと最終合格できません。

面接対策の基本は「予想される質問を知り、ベストな回答を準備する」ことです。今までの経験を思い返して、自信を持って答えられるように準備を始めましょう。

今回ご紹介させていただいたのはほんの一例ですが、ぜひ取り入れていただければ幸いです。

関連記事

コメント

コメントする

目次