MENU
>noteでも有益情報を配信中!

【傾向】三重県教員採用試験の論述とは?過去のテーマと模範解答例

三重県教員採用試験の論述(小論文)対策

本記事では、三重県教員採用試験の論述試験(小論文)に関する情報をまとめています。

具体的には、論述試験の傾向(文字数や試験時間、出題形式、配点など)過去のテーマ・模範解答例を詳しく紹介しているので、論述試験対策の役に立ててください。

目次

三重県教員採用試験 論述試験の傾向

三重県教員採用試験の論述試験(小論文)は、第二次選考で行われます。筆記試験では判断できない、論理的思考力や読解力、教師としての適性などを総合的に評価します。

試験時間60分
文字数250〜300字
問題数3題
評価基準・専門的知識
・誤字・脱字
・教育観・教職観
配点50点満点
三重県教員採用試験 論述試験の傾向(2024年度)

論述試験の文字数と試験時間

文字数は制限があり、テーマによりますが、1題あたり250〜300字で書かなければなりません。対する試験時間は60分なので、文字数に対する試験時間が極めて短いのが三重県の特徴です。

論述試験の出題形式

論述試験は、一般的な小論文とは違い、「テーマへの理解度」や「短文で考えを伝える文章構成力」が必要です。

出題形式は、教育課題に対し、教師としてどのように取り組んでいくかを書かせる傾向にあります。三重県の教育施策に関するテーマも出るので、三重県の資料も読みこんでおくといいでしょう。

論述試験の評価基準・配点

論述試験は以下の観点に沿って評価します。

  • 専門的知識
  • 誤字
  • 脱字
  • 教育観
  • 教職観

最終的に50点満点で評価しますが、著しく点数が低いと即不合格です。

評価が悪くなる理由としては、テーマの把握ができていなかったり、文字数が少ないだったりすることが挙げられます。また、字が汚い(丁寧であればOK)、誤字脱字が多いっていうのもよくないので、注意しながら書きましょう。

三重県教員採用試験 論述試験の過去問と模範解答例

三重県教員採用試験における論述試験(小論文)の過去問と模範解答例を紹介します。

論述試験の過去問と模範解答例(2024年度)

  • 特別支援学校(小学部)を含む。

第1問

「教育の情報化に関する手引追補版」(令和2年6月文部科学省)において、「教育の情報化」とは、情報通信技術の、時間的・空間的制約を超える、双方向性を有する、カスタマイズを容易にするといった特長を生かして、教育の質の向上を目指すものであり、具体的には以下の3つの側面から構成され、これらを通して教育の質の向上を図るものとされています。これらのことをふまえて、あなたが教育の情報化として取り組みたいものを1~3から1つ選び、選んだ理由を述べるとともに、教育の情報化に向けた取組とその効果について具体的に述べ、300字以内でまとめなさい。

  1. 情報教育:子供たちの情報活用能力の育成
  2. 教科指導におけるICT活用:ICTを効果的に活用した分かりやすく深まる授業の実現等
  3. 校務の情報化:教職員がICTを活用した情報共有によりきめ細やかな指導を行うことや校務の負担軽減等

第2問

「誰一人取り残されない学びの保障に向けた不登校対策」(COCOLOプラン)(令和5年3月 文部科学省)において、不登校により学びにアクセスできない子どもたちをゼロにすることを目指し、具体的な取組として以下の3つが挙げられています。これらの取組のうち、あなたが特に取り組みたいものを1~3から1つ選び、選んだ理由と取組について具体的に述べ、250字以内でまとめなさい。

  1. 不登校の児童生徒全ての学びの場を確保し、学びたいと思った時に学べる 環境を整える
  2. 心の小さなSOSを見逃さず、「チーム学校」で支援する
  3. 学校の風土の「見える化」を通して、学校を「みんなが安心して学べる」場所にする

第3問

「人権教育ガイドライン」(2018(平成30)年3月 三重県教育委員会)では、一人ひとりが、人権問題の解決を自分の課題としてとらえ、状況を変えようとする具体的な行動に結びつく教育・学習の充実を図るため、以下の個別的な人権問題を解決するための教育を積極的に推進することとしています。このことをふまえたうえで、あなたが取り組みたい内容を1つ選び、選んだ理由と取り組みたい内容を推進するための教育活動について具体的に述べ、250字以内でまとめなさい。

[個別的な人権問題に対する取組]

  • 部落問題を解決するための教育
  • 障がい者の人権に係わる問題を解決するための教育
  • 外国人の人権に係わる問題を解決するための教育
  • 子どもの人権に係わる問題を解決するための教育
  • 女性の人権に係わる問題を解決するための教育
  • 様々な人権に係わる問題を解決するための教育

模範解答例

タップして模範解答例を表示する。
三重県教員採用試験 論述試験の模範解答例(2024年度)
三重県教員採用試験 論述試験の模範解答例(2024年度)

論述試験の過去問と模範解答例(2023年度)

  • 特別支援学校(小学部)を含む。

第1問

「令和の日本型学校教育」の構築を目指して~全ての子供たちの可能性を引き出す,個別最適な学びと,協働的な学びの実現~(答申)」(令和3年1月 中央教育審議会)では、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、全国的に学校の臨時休業措置が取られたことにより、再認識された学校の役割として以下の3つを示しています。あなたが特に重要であると考える学校の役割を以下の3つから1つ選び、選んだ理由とその実現に向けた学校における取組について具体的に述べ、300字以内でまとめなさい。

<新型コロナウイルス感染症の感染拡大を通じて再認識された学校の役割>

  1. 学習機会と学力の保障
  2. 全人的な発達・成長の保障
  3. 身体的,精神的な健康の保障(安全・安心につながることができる居場所・セーフティネット)

第2問

「いじめ防止対策推進法」(令和元年5月改正)では、「学校及び学校の教職員の責務」について以下のとおり示されています。あなたが考える学校におけるいじめの防止及び早期発見の取組について、その留意点を具体的に挙げるとともに、いじめの防止及び早期発見に向けた取組について具体的に述べ、250字以内でまとめなさい。

<学校及び学校の教職員の責務>
第八条 学校及び学校の教職員は、基本理念にのっとり、当該学校に在籍する児童等の保護者、地域住民、児童相談所その他の関係者との連携を図りつつ、学校全体でいじめの防止及び早期発見に取り組むとともに、当該学校に在籍する児童等がいじめを受けていると思われるときは、適切かつ迅速にこれに対処する責務を有する。

第3問

「人権教育ガイドライン 」(2018(平成30)年3月 三重県教育委員会)における個別的な人権問題に対する取組のうち、「外国人の人権に係わる問題を解決するための教育」の具体的な取組として、以下の7つが挙げられています。これらの取組のうち、あなたが特に取り組みたいものを1つ選び、選んだ理由と選んだ取組の学校における教育活動について具体的に述べ、250字以内でまとめなさい。

<具体的な取組>

  1. 外国人の人権に関する理解を深める学習の充実
  2. 多文化共生社会を築く主体者を育てる教育の推進
  3. 自尊感情を高める取組の推進
  4. メディアを読み解き活用する力の育成
  5. 進路決定に向けた支援の充実
  6. 学習を支援する取組の充実
  7. 教職員の資質と指導力の向上

模範解答例

タップして模範解答例を表示する。
三重県教員採用試験 論述試験の模範解答例(2023年度)
三重県教員採用試験 論述試験の模範解答例(2023年度)

論述試験の過去問と模範解答例(2022年度)

  • 特別支援学校(小学部)を含む。

第1問

次の表は、文部科学省が公表した「児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査結果」におけるいじめの態様のうち、パソコンや携帯電話等で、ひぼう・中傷や嫌なことをされる、いわゆるネット上のいじめの認知件数の推移を示したものです。小学校及び特別支援学校におけるネット上のいじめについて、この表から読み取ることができる傾向を挙げたうえで課題と対応策について具体的に述べ、300字以内でまとめなさい。

三重県教員採用試験 論述資料1

第2問

三重県教育ビジョン(令和2年3月)は、基本施策4「安全で安心な学びの場づくり」の施策の一つとして「不登校児童生徒への支援」を掲げ、そのめざす姿を次のようにしています。このことを踏まえたうえで、あなたが不登校児童生徒に対して行う支援と、新たな不登校児童生徒を生まないために学級において行う環境づくりについて具体的に述べ、250字以内でまとめなさい。

<めざす姿>
不登校の子どもたちの意思が尊重され、将来の社会的自立に向けて個々の状況に応じた支援体制が整っており、子どもたち一人ひとりが社会性や自立心を育みながら、互いに尊重し合う態度を身につけ安心して学んでいます。

第3問

「令和の日本型学校教育」の構築を目指して~全ての子供たちの可能性を引き出す 個別最適な学びと 協働的な学びの実現~(答申)」(令和3年1月 中央教育審議会)では、新たなICT環境や先端技術を効果的に活用することにより、以下のような事項に寄与することが可能となると考えられるとしています。あなたは、ICT環境や先端技術をどのように活用し、これらに寄与することができるか、以下の事項のうち2つについて具体的に述べ、250字以内でまとめなさい。

  • 新学習指導要領の着実な実施
  • 学びにおける時間・距離などの制約を取り払うこと
  • 全ての子供たちの可能性を引き出す、個別に最適な学びや支援
  • 可視化が難しかった学びの知見の共有やこれまでにない知見の生成
  • 学校における働き方改革の推進
  • 災害や感染症等の発生等による学校の臨時休業等の緊急時における教育活動の継続

模範解答例

タップして模範解答例を表示する。
三重県教員採用試験 論述試験の模範解答例(2022年度)
三重県教員採用試験 論述試験の模範解答例(2022年度)

過去問で答案を書いたら添削を受けよう!

三重県教員採用試験 論述試験対策を始めよう!

今回は、三重県教員採用試験における論述試験(小論文)の傾向過去のテーマをまとめていました。

教員採用試験の論述は、やるべきことが想像しているよりも多いです。

過去問を眺めるだけでは、論述(小論文)を攻略することはできません。過去問を使って答案を作成し、その上で添削を受けることで徐々に上達します。

論述(小論文)で落ちる人ほど、書いたら書きっぱなしってことが多いです。答案を書いて誰にも見せないというのは、問題を解いても答え合わせをしないのと同じなので注意しましょう。

論述(小論文)が原因で不合格にならにように、早めに(遅くても試験の3ヶ月前を推奨)準備を始めてください。

以上、三重県教員採用試験の論述試験(小論文)についてでした。

この記事が少しでもお役に立てたら幸いです。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント

コメントする

目次