MENU
>noteでも有益情報を配信中!

【対策】熊本市教員採用試験の小論文とは?傾向と過去の出題テーマ

熊本市教員採用試験の小論文対策

本記事では、熊本市教員採用試験の小論文に関する情報をまとめています。

具体的には、小論文の傾向(文字数や試験時間、出題形式、配点など)過去のテーマを詳しく紹介しているので、小論文対策の役に立ててください。

目次

熊本市教員採用試験 小論文の傾向

熊本市教員採用試験の小論文は、第二次選考で行われます。筆記試験では判断できない、論理的思考力や読解力、教師としての適性などを総合的に評価します。

試験時間60分
文字数800字
問題数1題
配点40点満点
熊本市教員採用試験 小論文の傾向(2024年度)

小論文の文字数と試験時間

文字数は制限があり、800字以内で書かなければなりません。対する試験時間は60分なので、文字数に対する試験時間が極めて短いのが熊本市の特徴です。

福永

700字以上を目安に書くといいでしょう!

小論文の出題形式

出題数は1題ですが、校種によってテーマが異なります。

出題形式は、おおむね教育問題や学校教育の在り方に関する課題を扱うテーマが出題される傾向にあります。熊本市の教育施策に関するテーマも出る場合があるので、熊本市の資料も読みこんでおくといいでしょう。

小論文の配点

最終的に30点満点で評価しますが、著しく点数が低いと(15点以下)即不合格です。

評価が悪くなる理由としては、テーマの把握ができていなかったり、文字数が少ない(600字以下)だったりすることが挙げられます。また、字が汚い(丁寧であればOK)、誤字脱字が多いっていうのもよくないので、注意しながら書きましょう。

熊本市教員採用試験 小論文の過去問

熊本市教員採用試験における小論文の過去問を紹介します。

小論文の過去問(2024年度)

児童生徒一人一人がお互いの個性や多様性を認め合い、安心して学校生活を送るために、学級担任として具体的にどのように取り組みますか。あなたの考えを述べなさい。

小論文の過去問(2023年度)

近年、特別な支援を要する児童生徒は増加しており、特別支援教育に対する児童生徒や保護者のニーズも年々高まり、多様化しています。あなたは赴任した学校で、教諭として特別支援教育にどのように取り組んでいきますか。あなたの考えを述べなさい。

小論文の過去問(2022年度)

熊本市教育振興基本計画(令和2~5年度)[熊本市教育大網](令和2年7月策定)では「豊かな人生とよりよい社会を創造するために、自ら考え主体的に行動できる人を育む」ことを基本理念として掲げています。そのための施策の基本方針の一つに「主体的に考え行動する力を育む教育の推進」があります。日々の教育活動の中で、この基本方針をどのように具現化していったらよいですか。あなたの考えを述べなさい。

小論文の過去問(2021年度)

教育都市くまもとの教職員像の一つとして、「教育的愛情をもち、子どもたちから信頼される教職員」を掲げています。児童生徒から信頼されることの意義についてどのように考えますか。また信頼される教師となるために、どのように児童生徒に関わっていきますか。あなたの考えを述べなさい。

小論文の過去問(2020年度)

本市では、電子黒板やタブレット端末等の整備が進められています。ICT機器を効果的に活用して授業を行っていくためにはどのような取組みを行っていったらよいですか。あなたの考えを述べなさい。

過去問で答案を書いたら添削を受けよう!

熊本市教員採用試験 小論文対策を始めよう!

今回は、熊本市教員採用試験における小論文の傾向過去のテーマをまとめていました。

教員採用試験の小論文は、やるべきことが想像しているよりも多いです。

過去問を眺めるだけでは、小論文を攻略することはできません。過去問を使って答案を作成し、その上で添削を受けることで徐々に上達します。

小論文で落ちる人ほど、書いたら書きっぱなしってことが多いです。答案を書いて誰にも見せないというのは、問題を解いても答え合わせをしないのと同じなので注意しましょう。

小論文が原因で不合格にならにように、早めに(遅くても試験の3ヶ月前を推奨)準備を始めてください。

以上、熊本市教員採用試験の小論文についてでした。

この記事が少しでもお役に立てたら幸いです。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント

コメントする

目次